ダンス・エンタメ業界のことが
まるわかり!

お仕事辞典

テーマパークダンサーになるには?|ダンスの専門学校が教えるテーマパークダンサーになるために必要なこと

投稿日 2021年3月24日
thumbnail

こんにちは、DA TOKYO入学事務局です!

今回は、ダンスの専門学校DA TOKYOによるダンス業界「お仕事紹介」シリーズの第二弾、『テーマパークダンサーになるには?』です。

多くの卒業生をテーマパークダンサーとして音楽業界に送り込んできたDA TOKYOが、テーマパークダンサーになるために必要なことをお教えしちゃいます。

「将来テーマパークダンサーになりたい!」
「テーマパークダンサーになるには何をすればいいの?」
「テーマパークダンサーに向いてるのはどんな人?」

といった方の疑問にお答えしていますので、ぜひご覧ください!

テーマパークダンサーとは?

自分の身体の全てを使い、人に感動を与えることを仕事にしていきます。
バレエ、JAZZ、HIPHOP、LOCK、POP、ブレイク、HOUSE、クランプ、ドギー、レゲエ、ビバップなど多種多様なジャンルを幅広く踊れることが求められます。

テーマパークダンサーの仕事内容

来場したお客様に非日常を味わってもらうために、高度なダンス技術とともに、高い演技力と表現力を持ってお客様を楽しませます。
そのため自分がショーやパレードで出演する以外の時間では、次の公演に向けての練習や、日常でも自身の表現の幅を広げるためにたくさんの舞台を見学し、パフォーマンスに生かすために勉強します。

テーマパークダンサーの収入

テーマパークの運営会社と契約

各テーマパークの運営会社が行うオーディションに参加し、合格することで年間での契約や、数ヶ月のスポット契約を結びます。
またショーダンサーとパレードダンサーなどその役割によって契約の形態が変わります。
またアクロバットなど特殊な技能を持つ人は公演ごとに外部委託として要請を受けて契約を結ぶことが多いです。

テーマパークダンサーに向いている人ってどんな人?

1.常日ごろから人を喜ばせられることを考えられる人

テーマパークダンサーで最も大事なことは、人に喜び・感動などの気持ちを与えることです。
辛いことがあってもステージに立つときは飛び切りの笑顔で人を楽しませる力が求められます。

2.自己管理がしっかり出来る人

ダンサーは体が資本です。ケガや故障を防ぐために普段からきちんとした生活を送り、自分を律することができる人は周りからも信頼され仕事も入ってくるため、テーマパークダンサーに向いています。
逆にマイペースであったり、日常生活の管理ができていないと仕事も入ってきません。

3.コミュニケーションを大切にする人

円滑なコミュニケーション能力がプロには求められます。
またお客様と関わるタイミングも多いので、普段から挨拶を始め、コミュニケーションを大切に出来る人に向いています。

テーマパークダンサーになるのに才能は必要?

身体の使い方や表現力など、センスは必要ですが、練習を続ければそれらは自然と身についていきます。
それよりも、ダンスを愛する強い気持ちを持っていること、そしてその気持ちをいつまでも持ち続けていくことが最も大切な才能です。

テーマパークダンサーになるために専門学校に通うメリット

1.現役のプロから効率的に学べ、合格までの道のりが分かる

現役のプロとして活躍するダンサーから学ぶことで上達・合格までの近道を駆け上がれます!

2.充実した学びの環境が整っている

テーマパークで働くためには業界の事も知らないといけません。
DA TOKYOなら日々の学びを練習できる環境と、業界について学べる環境が整っています!

3.在学中からプロの現場を経験できる

DA TOKYOならカリキュラムの一貫で在学中からプロの現場を経験でき、それを自身のプロとしての実績として積むことができます!

テーマパークダンサーになるためにオススメの練習方法

1.柔軟・アイソレーション・筋トレを毎日行う

バレエやJAZZなどの柔らかい動きが多いテーマパークダンサーですが、時にはキレの良いダンスを行うこともあります。
柔軟・筋トレ・アイソレーションの基礎トレーニングを大事にすることでダンスの見栄えやキレ、滑らかな重心移動などが出来るようになるため、プロになったときにその日々のトレーニングは認められます!

2.アクロバティックな動きに挑戦する

テーマパークダンサーにアクロバットな動きは一見必要に見えませんが、アクロバットな動きを特技・個性として取り入れておくと、契約が取れる入り口も広がります。ダンス以外でも何か特技を持とう!!

3.今のトレンドを読む

ダンス業界はトレンドの移り変わりが早く、また同じジャンルでもその時のニーズや流行によって、新たな技術や表現方法が求められます。常に最新のトレンドに目を向け、研究をし、自身に取り入れることが大切です!

テーマパークダンサーになるために身につけておきたい習慣

1.常に姿勢良く!健康には気をつけよう。

テーマパークダンサーは元気をもらえる存在の中で一番身近な存在となります。
人に元気を与えるためにはまず自身が健康的である必要があります。

2.常に自分の身体の状態に目を向けよう!

ダンサーにとって身体は仕事に繋がる一番大きなツールになります。
長く業界で活躍するには健康な身体と体力を保つための努力が必要です。
定期的に自分の身体のメンテナンスを行いましょう。

3.時間管理をしっかりしよう

ダンスの仕事はたくさんの約束と信頼で出来ています。
ステージに立つには必ず他のダンサーさんとリハーサルを重ねる時間が必要です。
周りから信頼を得ることはとても重要で、その信頼は時間や約束を守ることから始まります。
日常でもしっかり時間と約束をしっかり守るようにしましょう。

Related関連記事