DA TOKYOブログ

【在校生インタビューvol.2】互いの夢を語り合える親友です!

みなさんこんにちは!入学事務局です!

長かったゴールデンウィークも今日で終わり、明日からまた授業が始まりますね!
皆さん宿題は大丈夫かな?

ということで、本日はオープンキャンパスにて学生スタッフとして高校生の皆さんのサポートをしてくれた在校生にインタビュー

バックダンサーコース2年生の﨑さんと小林さんにインタビューしてみました!

 

ーDA TOKYOに決めた理由を教えてください。
小林さん「私は元々大阪に住んでいたので、上京せずに大阪で姉妹校のDA OSAKAに進学を考えていたのですが、チャンスの多さや渋谷の立地の良さを活かしたく、DA TOKYOに決めました。」

﨑さん「私は葛西にあるDA TOKYOの姉妹校に高校の時の先輩が在籍していて、その人からDA TOKYOは業界に大きな太いパイプがあると聞いて興味を持ったのがきっかけです!」「実際体験授業に参加してみて、周りの先輩達がとっても優しくて、先生と学生の距離感も良い意味で近く、フレンドリーな雰囲気が自分に合うと思い、入学を決めました!」ー入学前に何か不安なとなどありましたか?
小林さん「1人で上京してきたため、友達が出来るか最初は不安でした。また入学とともに1人暮らしもはじまったので最初はすごく心細かったです。」

﨑さん「私は小学生からダンスを始め、ずっとやっていたのですが高校の時に一度ダンスをやめて、軽音部でひたすらギターを弾いていました。なのでいざダンスをやろうと思った時には高校3年間のブランクがあったので周りについていけるか不安でした。」

ー不安はどのようにして解消できましたか?
小林さん「学校の最初のオリエンテーションで隣の人と話し、その人の良い所や好きなところを上げて行くというイベントがあったのですが、その時隣に座っていたのが﨑さんでした。オリエンテーションの次の日には二人でご飯を食べに行ったりしてすぐ意気投合しました!」

﨑さん「仲良くなってからは一緒に練習をしていくことで自分ひとりじゃわからないこともお互いに教え合うことでダンスがもっと好きになれました!」

ー今年で2年生ですが、お二人の今年の目標を教えてください。
小林さん「文句や愚痴は言わない、出来ない事は出来ないと自分で決めず、積極的にチャレンジしていくこと、自分に自信を持つことです!」

﨑さん「自分が為すべきこと、自分の将来のビジョンをしっかり定めること、自分を客観的に見て自分の弱点を一つ一つ無くしていくこと、自分の魅力を上げることです!」

ー最後に将来の夢を教えてください。
小林さん「大好きなアーティストの専属振り付け師兼専属のダンサーになることです!」

﨑さん「ダンスだけでなく楽器や歌、演技も出来るマルチなアーティストになることです!」

とっても明るくて前向きな二人
インタビューに対応してくれてありがとうございました

エンターテイメントの夢、叶えましょう!全力で応援します!!

カテゴリ  ★今日のDA★

あわせて読まれている記事

ブログTOPへ