DA TOKYOブログ

あけましておめでとうございます!

DA TOKYOブログご覧の皆様

2011年

新年あけまして

おめでとうございまーす

隊長、ミヤウチです!!

さてさて、DA TOKYOでは、昨日から授業が再開いたしましたー☆

Imgp4050
↑受付にいた荒川先生日小田先生ダンスワールド2年生ズ

Imgp4052_2

↑こんなに寒いのに、半袖。
ダンスすると暑いもんね。。。
風邪には気をつけてね……!

さてさて、今日は水曜日
水曜日は、発表に向けての授業が多く、あちらこちらで「We are DA TOKYO!」に向けての練習が行われております。

Imgp4058
まずは9Fスタジオ
アクターズ1年生によります、進級公演「ミス・ダンデライオン」「あした あなた あいたい」2作品の稽古中です。

この舞台は演劇集団キャラメルボックスの作品。
映画「この胸いっぱいの愛を」「黄泉がえり」の原作を担当した梶尾真治さん原作、成井豊さん・隈部雅則さん作の、上演時間60分の短編の舞台です。

大まかなストーリーはコチラ↓
物質を過去に飛ばすことのできる装置、『クロノス・ジョウンター』を使い、過去へ「飛ぶ」人たち。布川 輝良(ぬのかわあきら)は、5年前に取り壊された、あこがれの建築物『朝日楼旅館』をその目で見るために。そして、鈴谷 樹里(すずたにじゅり)は、19年前に病気で亡くなった、大好きな『ヒー兄ちゃん』を救うために…。誰かのために勇気をもって行動すること、そして、様々な強い想い、時の力と愛の力が「奇跡」を巻き起こします。

実はミヤウチも、キャラメルボックスさんのこの舞台を見に行きました。
それはもう涙涙の、感動のお話でした!!

このステキなお話を、演出の藤本剛先生はじめ、1年生はどう演じてくれるのか…。

DAに入学して、学園祭以来初めての舞台。
みんなのエネルギッシュさに、期待大です!!

Imgp4061
こちら、8Fスタジオでは、アクターズ2年生が卒業公演の稽古中。
2年生は「ステージ・ドア」という、エドナー・ファーバーさん、ジョージ・S・カウフマンさんのアメリカの作品に挑戦します。

ストーリー(チラシより)↓
ニューヨーク市。野心と希望に燃え立つ女優志願の若い娘たちが日夜をすごす下宿。
彼女達はステージ・ドア(楽屋口)をくぐるためにしのぎを削りあう
果たして、誰が満場の客席から喝采を受けることができるのか…!?

1937年に映画化もされた作品。
時代背景、環境も今のみんなとはまったく違います!

女の闘い、そこに加わる男性陣……

さあ、いかに演出の山口あきら先生はじめ、2年生たちはどのようなステージを繰り広げるのか…。

豪華な舞台セットにも注目です!!

そしてそして!
5階スタジオでは、ダンスワールドの学生が猛烈に踊っていました!!

Imgp4082 Imgp4084 おお!!
Imgp4088
今回、DA TOKYOダンスワールド「ダンスのジャンル」がテーマです。
ダンスにはJAZZBALLETHIPHOPSTREETTHEATER JAZZTHEME PARKなどなど…いろんなジャンルがあります。
今回は、これぞ!というそのジャンルのダンスを、それぞれのチームが踊って踊って踊りまくります!!

Imgp4077
総合プロデュース・HIYO先生もとても真剣です。

それはそうです。
かの有名なSHIBUYA AXで披露する、ダンスの卒業作品展!

プロでもなかなか立てないステージです。
卒業にふさわしい、華やかな、楽しいステージになりますように!!

これから本番の日に向けてどんどんレポートしていきます

更新をお楽しみに~(・ε・)

カテゴリ  お知らせ

あわせて読まれている記事

ブログTOPへ