ぺリダンスセンター

DA TOKYOで学び、ニューヨーク最高峰のダンス学校へ留学するためのコースです。留学先は、ペリダンスセンター、もしくはブロードウェイ・ダンス・センターとなります。

ぺリダンスセンター

ペリダンスセンター
[①期間6カ月 ②期間1年間]
1年次の秋から2年次の秋(1年間)、2年次の春から2年次の秋(半年間)。※期間は変更になる場合がございます。

ペリダンスセンターとは


ぺリダンスセンター

Peridance Capezio Center=ペリダンスセンターは、年間30ヶ国を超える国々から150人以上の留学生が学ぶニューヨーク屈指のダンススクールです。特にクラッシックバレエやモダンダンス等を学ぶ留学生に定評あり 、現在も現役で学生にダンスの指導をしている創立者ペリ氏を含む講師陣が、様々なダンスプログラムを提供しています。

ぺリダンスセンター

ブロードウェイ・ダンス・センター
[期間12週間の専門留学]
2年次の春夏秋のいずれかに専門留学として実施します。

BDC(ブロードウェイ・ダンス・センター)とは


ぺリダンスセンター

世界レベルのダンサー育成をめざし、本校はNYのBDCと提携しています。この提携により、2年次にBDCに留学することができます。学生が留学している期間、本校とBDCの講師は、留学生の生活環境や技術レベルの上達について常時情報交換。それに基づき両校講師はカリキュラムを共同編成。コンディションに合わせたパーソナルレッスンが受講できます。また、希望に応じて卒業後もBDCで学ぶことができます。

  • 手続きが大変なビザ取得(申請、入管面接、英訳)をサポート!※卒業後もサポートします!
  • 滞在は学校通じた方が金額も手間も格段によい!
    ※親戚などがアメリカにいれば滞在にかかる費用は安く済みますが、長期間ホームステイというのは出会いも少なくストレスになりやすい。また、留学代行会社を使うと費用が追加でかかってしまう場合もございます。
  • “海外に行く“ことだけが目的にならず、プロのダンサーになるために、レッスンプログラムが提携校で用意されています。
  • 学費 BDC・ペリダンスセンター、それぞれの学費に充当されます。つきましては、渡航費・滞在費(寮費)・食費・生活費・ビザ申請が追加でかかり、3か月のBDC短期留学コースで約80~90万円ほどの費用がかかります。
    ※滞在費だけでも100万円ほどになる可能性があり、総額は半年で150万円、1年で200万円ほどになると思われます。

留学前にDA TOKYOにてプロのダンサーとして必要な技術・経験、そして世界基準のダンサーとしての姿勢を学びます。

  • ぺリダンスセンター

    世界でも通用するダンスの基礎力をDA TOKYOで徹底的に学びます。

  • ぺリダンスセンター

    企業プロジェクトを通して数々のプロの現場に出演します。

  • ぺリダンスセンター

    日本にいて、世界基準のダンスを学べるダンスインターナショナルプロジェクトを開講。

留学に向けてのサポートシステム

  • レッスン

    ぺリダンスセンター

    海外留学したあとみんな苦戦するのが、「バレエ・JAZZ・コンテンポラリー」それを強化するカリキュラムとなります。

  • 英会話

    ぺリダンスセンター

    留学コース向けのIEP[英会話]授業を開講。安心して留学できるように英語への苦手意識を無くし、コミュニケーションが取れるよう指導します。

  • 留学手続き

    ぺリダンスセンター

    本学園国際部の先生が一人ひとりの留学手続きを徹底サポート。初めての留学でも安心です。

  • 滞在先ご紹介

    ぺリダンスセンター

    留学で一番心配なのが滞在先。学内での数回の説明会の後、現地滞在先をご紹介いたします。